しわ対策ガイド TOP → 様々な対策法 ボトックス

ボトックス

しわ取り治療として、ヒアルロン酸と同様によく使われるのがボトックスです。

まずボトックスとは、A型ボツリヌス毒素のことを指し、ボツリヌス菌を発生させる作用があります。本来ならボツリヌス菌食中毒の原因要素であり、有害物質として危険視されることがありましたが、最近ではその作用も注目されて様々な医療技術に使用されるようになりました。また、しわ取り治療などの美容整形手術には欠かせない要素としても注目されています。

ボツリヌス菌は、筋肉を動かす働きがある神経伝達物質のアセチルコリンの放出を抑制します。これによって、筋肉の過剰な緊張による運動を押さえ、筋肉を和らげてリラックスさせる効能があります。この効能が高く評価され、ボツリヌス菌ことボトックスを肌に注入することによりしわを取り除いて肌を若返らせたり、目を大きくしたり、さらには小顔効果を促したりできるので、ボトックスは美容整形の領域で大活躍している成分なのです。

ボトックスと言うと、ボトックス注射を思い浮かべる人が多いと思いますが、最近では「塗るボトックス」が開発されて注目されるようになりました。ボトックス注射に比べて費用がそれほどかからず、注射が苦手な人には向いているでしょう。ただ、この場合ボトックス注射と全く同じ成分を肌に取り入れるのではなく、ボトックス注射の時と同じような成分を入れるだけなので、注射と同じような効果は期待できません。まあ、効果が表れるのも1カ月ほどかかります。


様々な対策法


医院 開業
医院の開業なら信頼と実績の当社へ