しわ対策ガイド TOP → しわの基礎知識 しわとシミの関係

しわとシミの関係

しわとシミ、肌の問題である意外に関係がなさそうにも見えますが、実際には関係があるものです。

しわもシミも、大きな原因として紫外線が挙げられます。肌にとって最大の敵の一つに紫外線が挙げられるほどで、肌のアンチエイジングを目指すのならスキンケアで肌の保湿を習慣にするのはもちろん、紫外線対策にも大いに気を使わなければいけません。

紫外線を浴びるとメラニンという色素が形成され、これが紫外線から肌を守ってくれます。日に焼けると肌が黒くなるのはこのせいです。しかし、ここで紫外線を浴びすぎてメラニンが必要以上に分泌されてしまうと、メラニンが過剰に肌に蓄積された部位にシミができます。過剰に分泌されたメラニンは本来の効能の領域を超え、真皮までも傷つけてしまいます。

紫外線によってしわやしみができるのは、紫外線を浴びた後遺症だと考えましょう。特によく日焼けをする人は、角質から水分が失われ、コラーゲンなどの繊維が変質して肌のターンオーバーの効能を妨げられ、しわができやすいメリットを作りやすいので気をつけましょう。

シミを取り除くのは短期間でできることではありません。表皮は30日で生まれ変わり、真皮層のコラーゲン繊維の生まれ変わりには1年の期間を要します。1度できたらかなり面倒なシミなので、日頃から紫外線対策を欠かさないことをお勧めします。シミ治療として市販の化粧水もずいぶん出回るようになりましたが、医師に相談して治療に臨むのが最善策です。


しわの基礎知識