しわ対策ガイド TOP → しわの基礎知識 しわとたるみ

しわとたるみ

しわができてしまったら、たるみについても十分に予防策を考えなくてない毛ません。しわとたるみは切り離せない関係にあるものであり、しわができると同時に肌もたるんでいくものだからです。年齢を重ねていくにつれて体力や免疫力が衰えていきますが、それは肌にとっても同じこと。肌のハリを支えるコラーゲン細胞が失われてくと、それによってしわや肌のたるみができていくのです。

たるみのしわと同様、肌のコラーゲン細胞の変質によってできます。コラーゲンが変質してその効力を失ってしまうと、肌は重力に耐えられなくなります。よって、水分を十分に補給できなくなった肌とともに筋肉も衰えていき、たるみができます。

たるみには4種類の症状があります。

「たるみ毛穴」
肌の毛穴が開くことによってできるたるみです。初期段階のたるみのことを指し、頬からでき始め、コラーゲンの効力がよわくなることが原因です。

「涙袋のたるみ」
眼球の周囲には脂肪がありますが、これを支えているまぶたの皮膚のハリが衰えることによってできます。このたるみが悪化して大きくなり、涙袋と呼ばれるものとなります。主に下まぶたにできるものですが、上まぶたにできることもあり、それは人によって異なります。

「二重あご」
肥満体質でないのに二重あごが目立つなら、それはたるみだと考えましょう。あごの皮膚が脂肪を支えられなくなることによってできます。

「法令線」
口の周りにできるもので、エイジングが原因だとされています。肌のたるみからできますが、しわの症状だとも言われています。


しわの基礎知識


ホシザキの業務用
http://www.maido-thank.com/

アプロン スクラブ
アプロンのスクラブなら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!