しわ対策ガイド TOP → しわの原因 紫外線

紫外線

紫外線は肌にとっては大敵です。しわができる原因としても紫外線の影響が第一候補として挙げられるほどです。しわだけでなく、肌のケアを通じてアンチエイジングを志すなら、紫外線対策は必須条件です。

紫外線には3種類あり、A波、B波、C波があります。このうち、私たちの肌に影響を及ぼすものはA波とB波です。この2つの波が私たちの肌に取り込まれると、しわやシミの原因になります。日焼けなどで紫外線は肌の真皮層に浸透し、これによって真皮層を支える効能を持つコラーゲンが切断されてしまいます。肌の健康にとって必要不可欠なコラーゲンの働きが衰えてしまうと、皮膚に弾力やハリを与えるエラスチンを変性させる「エラスターゼ」という物質が代わりに過剰に分泌されてしまうので、結果的にしわの原因になります。また、紫外線によって皮膚にメラニン色素が過剰に蓄積されると、シミの原因にもなります。

紫外線の脅威から逃れるためにも、日頃から万全な紫外線対策が大事です。まずは日光に素肌をさらさないことが基本的な予防です。山や海などにアウトドアスポーツに行くときにだけ日焼け止めを塗る人が非常に多いですが、普通に生活していても紫外線のダメージはあるものなのです。日焼け止めはいつでも塗り、紫外線対策を怠らないようにしましょう。

また、エイジングには逆らえないと諦めてはいけません。20代を過ぎると肌の機能が劣化すると考えられがちですが、入念な手入れをしていれば50台まではきれいな肌を保てるのです。正しい食事や運動によって、ツヤのある肌を維持して若々しく元気に過ごすことができます。


しわの原因


金持ち父さん貧乏父さん
http://richidad-office.com/

透析 リハビリ
透析のリハビリなら五反田ガーデンクリニック!