しわ対策ガイド TOP → しわの原因 ホルモンの低下

ホルモンの低下

紫外線や乾燥に並んでしわの有力原因として数えられるのが「ホルモンの低下」です。

ホルモンの低下の原因は、主に加齢のせいだと言われています。特に女性は40代に入ると同時に卵巣機能が徐々に衰えて、更年期にさしかかると卵胞ホルモンの分泌量が急激に減少します。これによって女性ホルモンのバランスが崩れ、肌のコラーゲンの生成量が減少してしわができるようになります。加齢が皮膚の水分保持能力や皮脂の効能を衰えさせて、それと同時にホルモンバランスが不安定になって、最終的にしわの原因となります。

もちろん、加齢の他にもホルモンの低下の原因はあります。女性の場合、月経や妊娠、さらには出産を介してホルモンバランスは不安定になります。月経前に肌が乾燥したりにきびができやすくなって悩む女性は多くいますが、これは月経によってホルモンバランスが偏ってしまうためです。また、妊娠中や出産後は免疫力の極端な低下や体質の変化によってホルモンのバランスが大いに崩れ、肌への影響はもちろん体調にも大きなダメージをもたらします。また、加齢や月経に限らず、食生活や睡眠不足など、基本的な生活習慣の乱れからもホルモンバランスは崩れるものです。

これに対処するのは決して簡単ではありませんが、できることを前向きに行うようにしましょう。特に月経前は肌のコンディションが悪くなります。しかし、だからと言ってあれこれ対策を考えずに洗顔をメインに自然な方法でスキンケアを心がけましょう。規則正しい生活を送るのは現代ではかなり大変なことですが、食事・運動・適度な睡眠と、どれでも自分にできることを継続して続けるようにしましょう。


しわの原因


写真を使用してオリジナルのパズル ウェルカムボードにもいいね
http://puzzle-ya.com/